読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとレンジャー

新卒2年目(正式には1年と2ヶ月)で仕事を辞めることを決意した正真正銘のゆとりがストレスフリーな生活を目指して色んなことにチャレンジしていく様を描くブログです。

リゾートバイト体験記〜休日の過ごし方編〜

こんにちは。

ぽんこつボーイです。

 

一昨日リゾートバイトを始めてから初のお休みでした。せっかく休みをもらったのですが、箱根は大雨でございました。外に出る気力もなくダラダラと部屋の中に閉じこもってたらあっという間に時間が過ぎさっていきました。なんて勿体無いことをしてしまったんだろうと今更ながら後悔。なのでこれからのリゾートバイトのお休みを充実させていくためにも休日の過ごし方を真剣に考えていきたいと思います!

 

リゾートバイト休日の実態

まずはリゾートバイトの休日の実態を調査していきます。実際にリゾートバイトを体験した人達がどんな休日ライフを送っていたのか見ていきたいと思います。正直、休日の過ごし方は派遣されるリゾート地によってだいぶ変わってくると思います。箱根の場合は周りに温泉や美術館が多いですし、もし沖縄や離島でのリゾートバイトの場合は、海やマリンスポーツ。

では、こんな楽しいことがたくさん待っているであろうリゾート地での休日の過ごし方を実際に見てみましょう。

resortworksjapan.com

まずは上記のサイトでは、沖縄に派遣された方の体験記になっています。気になる休日の過ごし方ですが、

僕はマリンショップで働いていたので、休日は無料でマリンスポーツに参加出来ました。有料でしたが、かなり格安で、ダイビングのCカード(ライセンス)を取得できたのも大きかったですね。今後の人生で旅行の幅が広がりそうです。他にもビーチでのんびり出来たり、とにかく海関連はかなり充実しました。

マリンスポーツ楽しそう。まさに海近くのリゾート地での特権ですよね。僕もせっかくの夏なんだから海が近いリゾート地にすれば良かったかなー…(笑)

 

ただ、逆に休日の過ごし方で残念だった部分もあるようで、

リゾバスタッフの立場で決定的に痛いのが、足(交通手段)が無いんですね。そりゃ路線バスくらいはありますけど、本数が少なくてかなり不自由なのです。せっかくの休日、あれもこれもやりたい、と思っても出来ることが限られてしまいます。

 

「レンタカー借りたらいいじゃん」と思われるでしょうが、休むの度に毎週レンタカーを借りてたらお金が足りません。貯金が第一でリゾートバイトに来たわけでは無いのですが、それでもちょっとは貯めて帰りたいという、中途半端な考えから抜け出せず、お金を思い切って使えない悲しさがありましたね。周りを見ても、そんな感じの友達が多かったです。

うん。これはまだリゾバ1週間経っていない僕でも納得です。大体リゾート地って街中から離れてる場所にあるので観光客はもともと車で行ける場所であれば車で来ますし、距離があって車で来れない場合でも現地でレンタカーを使用する人が多いです。旅行ということもあって財布の紐が緩んでいる状態ですし、レンタカーは必要最低限の旅費の一部として考える人達がほとんどです。しかし、リゾートアルバイター達はお金を稼ぎに来ているわけで、大きくお金を使うことに抵抗があるんです。

 

箱根の場合だと、近くで買い物ができるところはコンビニしかないため、小田原まで行かないといけません。バスを使えば往復で1600円ほど。この金額ですら高く感じてしまいます。(これは個人の金銭感覚か?)ましてやレンタカーなんて借りたらお金があっという間になくなってしまいます。遊ぶのも一苦労ですね。次に働くとしたら地元のリゾート地に車を持って行ってみるのもいいかも。

 

実際に箱根にいる周りのリゾートアルバイター達を見てみても休日は部屋にこもっている人がほとんどのようです。ですので箱根などの山地に働きに行くのであれば外に遊びに行くことを考えるよりも、読書や勉強など「1人部屋での時間をどう充実させていくのか」をしっかりと考えてリゾートバイトに臨んだ方がいいかもしれません。

休み希望について

休み希望に関してですが、今僕が勤務しているところでは、基本的には毎月、月の後半あたりに休み希望を聞いてくれるようです。その休み希望が通るかどうかは分かりませんが、できる限りの考慮はしてくれると話していました。今月のシフトを見ていると4連休を取っている人などもいたので、今の勤務先は比較的とりやすいほうなのかもしれません。

 

休み希望を何が何でもこの日にちでとりたい!という場合にはあらかじめ派遣される前に派遣会社のほうに話しておいた方が絶対にスムーズに話が進みます。僕も8月30日31日は元々予定があったため、この2日間は絶対に休みがほしいという条件の基、今の派遣先に来ました。ただ、色々調べてみると派遣会社と派遣先の会社の間での伝え漏れや連絡ミスはあったりするようなので、僕も再度しっかりと派遣先の社員さんにも休み希望を伝えたいと思います。(下記サイト参考)

life-and-f.com

 

派遣スタッフが多ければ多い施設ほど休み希望は比較的とりやすいかと思いますが、スタッフ人数が少なくてもできるだけスタッフの休みはしっかりと取らせてあげたいという良心的な施設もあるようです。夫婦が営む個人経営のペンションなどで良い夫婦に巡り合えれば、休み希望もしっかりと聞いてくれた。なんて話も同じ派遣先のスタッフから聞きました。ただその逆で厳しい規制などを設けている夫婦もいるようなのでやはり派遣される前にどれだけ派遣会社に自分の希望を伝え、その希望を汲んでもらえるかがポイントになってくるかと思います。

 

これからの過ごし方

これからの箱根での休日ライフを充実させるために、まずは1人の時間の充実化を図ります。箱根では海外の観光客も非常に多いので、簡単な日常会話を英語でできるように英語の勉強をしたいと思います。また、 せっかくブログを書いているのだから色んな記事の下書きを作成する時間に当てようかなーと思います。とにかく休みの時間を無駄にしないようにします!

 

またせっかく同じ派遣先のスタッフの中で仲良くなっても休みが合うことがほとんどありません。仲良くなると一緒に箱根を回りたいなー。とか買い物しに小田原まで一緒に行きたいなー。なんて想いが出てきます。なので仲の良いスタッフと話し合って、来月は同じ日に休み希望をとり、一緒に出かけたいと思っています!来る前は休み希望が特になかった人でもこんな感じでリゾート地に来てから休み希望が取りたい!となる場合もあるかと思いますので、やっぱり休み希望が通りやすい勤務先を選んでおくに越したことはないと思います。

 

一昨日のような休日の過ごし方は絶対に繰り返さんぞ!ということで今後の休日の過ごし方にもご期待ください(笑)

 

 

ネットで調べるとほとんどのリゾートバイト紹介サイトでスタッフの対応が良い!と言われている派遣会社が僕の利用したアプリ でしたので、希望をきちんと汲んでくれるスタッフさんと巡り会えるかと思います!ぜひ気になった方はお話だけでもきいてみてください。

 

それでは今日も元気にお仕事行ってきます!