読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとレンジャー

新卒2年目(正式には1年と2ヶ月)で仕事を辞めることを決意した正真正銘のゆとりがストレスフリーな生活を目指して色んなことにチャレンジしていく様を描くブログです。

部活動ってまさに社会の縮図だったんですねの巻

こんばんは!
ポンコツボーイです!
今日は仕事が休みだったため、
高総体を見に行きました!


ポンコツは学生の時に
バスケをしてたので
バスケの試合を観戦してきたんですが、
高校生のパワーってすごい!(笑)
会場に入った瞬間の熱気がすごい!(笑)


試合中の選手の声
お母さん達の応援の声
監督の怒鳴り声
色んな声が交錯している空間。
なんて懐かしい光景なんでしょうか(笑)

なんか、無我夢中に1つのことに
向かっていく少年少女達を目の前に
羨ましい気持ちでいっぱいになりました。

なんてぼーっと見てたんですけど
思い返してみると、部活動って
社会人生活の縮図だったんだなーって。

何も分からない新人1年生から始まり、
基礎から学んで、試合をするための
まずは土台を作っていきます。
ここですぐに応用を習得しようとすると
絶対に活躍する選手にはなれませんよね。

基礎がしっかりとした選手が
コンスタントに結果を残せる選手になっていきます。

そして組織としても
部員全体をマネジメントする部長がいて
常に前を歩き部員達引っ張っていくキャプテン。
指示をしたり、褒めたり、怒ったりする
外部の監督・コーチがいます。

強いところほど優秀な部員が集まり、
部員数も多い。
けれどもその分全員へのチャンスも少なく、
3年間を棒に振る選手もいます。

こんな環境下でチャンスを与えられた時に
しっかりとものにした人達が
レギュラーとして活躍していく。


うわー。なんかもう嫌な世界に見えてきた(笑)
昔は純粋な目で見ていたはずの部活動も
こんな風に見てしまうようになるとは、、、
歳をとってしまったなー。


今の自分に置き換えると
自分はまさに退部届けを出し、
今から転部するのか
帰宅部になるのか、
はたまた、自分で部活動を作り上げるのか。

そんな岐路に立っている状態なんだなーと。

どの選択をするんだろ(笑)
楽しみですねー。


とりあえず休日に高校生の
底知れぬパワーを感じることで
自分自身も若さを取り戻した気分です!


社会人になっても忘れちゃいけないことは
やっぱり自分が無我夢中になれることを
やったほうがパワーを発揮できるってことですよね。


全力で打ち込める何かを探します!(笑)



皆さんもぜひ、高校生のパワーを感じられる
貴重な空間になっておりますので、
高総体に行ってみたくださいね~